1. ホーム
  2. 学科・コース・専攻
  3. 心理学科

卒業論文テーマの一覧

卒業論文の主なテーマ

心理学専攻

  • 挫折経験の有無とその評価及び自己成長感との関連性
  • 自己受容と痩せ願望の関連について
  • 飼い鳥は自分の”名前”と飼主を認識しているか-馴化・脱馴化法による検討
  • 「聴くスキル」の向上を目指す簡易型認知行動療法の遠隔行動的コーチング
  • 感情を喚起する刺激の視覚探索の特徴
  • 第二次反抗期の表出の仕方と外向性・内向性との関連性-大学生を対象とした調査研究-
  • 広告の提示方法の違いが意思決定過程に及ぼす影響
  • 大学生における子ども時代の習い事の有無やその評価と親の子どもに対する期待度との関連
  • 成人の自己肯定感に関する調査
  • 生まれ月が性格形成に及ぼす影響に関する検討
  • 大学生の過剰適応傾向と過剰適応傾向に関わる状況に対するストレスとの関係
  • 涙に対する肯定・否定感情と時間的展望との関連の検討について
  • 親、友人、先生との共感体験、被共感体験と信頼感との関連性
  • 大学生における友人への自己開示量と友人との主観的類似度との関連
  • 子どもの出生順位による性格と親の養育態度に対する子どもの認知との関連性ー大学生を対象とした調査研究ー
  • 大学生における自尊感情と他者への援助要請との関連性
  • 音を用いたオンライン実験での高精度の反応時間取得を目指したシステム開発の試み
  • 構成的グループエンカウンターが自己肯定感に与える効果
  • 確率荷重とセルフコントロールの関連性
  • 列車内における座席行動とパーソナルスペース
  • 雑音環境下で聞き取りやすい音響特性-効果的な避難アナウンスの生成を目指して
  • 聴覚刺激の速度や周波数の操作が計算課題に及ぼす影響
  • 行動的コーチングによるバスケットボールのシュートフォームの獲得
  • 飲食チェーン店の接客行動に対するトークン・エコノミー法による介入の効果
  • 音読/黙読の違いが文章理解に与える影響
  • 購買における相手との関係性と心理的要因
  • 女子大学生の精神的自立に関わる要因についての調査研究 -女子大学生とその母親との関係から-
  • ダウン症児における構成見本合わせを用いたかな文字学習支援
  • テンポの違いによって引き起こされる時間知覚
  • 注意喚起が防犯意識に及ぼす影響について
  • セルフマネジメントによる筋力トレーニングおよびストレッチの促進
  • 大学生の自己効力感とポジティブ・ネガティブ経験の想起との関連性
  • スマートフォンゲームへの依存とパーソナリティ特性との関係について-課金量からの検討-
  • 虚記憶による色の継時弁別の劣化
  • 対面および遠隔支援による授業の課題に対するスケジュール管理
  • 懐かしさと好みについての検討
  • 作業中の会話が引き起こすヒューマンエラーの検討
  • 親が抱くきょうだいの役割期待に対する大学生の評価と対人関係の特徴との関係
  • 大学生における自己愛の関連要因についての検討ー注目欲求、SNSによる承認欲求との関連からー
  • フォントの種類が学習効果に及ぼす影響
  • 歩行者信号の判断処理に関する研究
  • 利き目が知覚に及ぼす影響
  • 認知的方略の違いによるストレス場面での乗り越え方の違いと他者からの慰め方
  • 言語音の処理における大脳半球の役割と性差ー両耳分離聴課題を用いた研究
  • 声掛けによるパフォーマンスの変化
  • 新型コロナウイルス(COVID-19)が友人関係と不安感に与えた影響-物理的距離の確保と心理的距離との関係を中心に-
  • 着用するマスクの色の違いが顔の魅力の評価に及ぼす影響
  • 出生順位による他者への性格イメージと自己認識による性格のずれ
  • 新型コロナウィルス感染症の拡大前後における大学生の睡眠習慣の変化
  • 性格検査前後における血液型と性格との関連に対する信頼度の変化-血液型性格関連説に対する一検証-
  • 人は何故他人の姿に羞恥を感じるのか
  • 発話中のジュスチャーが相手に与える影響について
  • 警報の信頼性と避難行動の関係
  • 服装の乱れが作業ミスに与える影響について
  • 大学構内での迷惑駐輪を引き起こす環境要因の検討
  • 情報中毒が勉強・仕事に与える影響
  • 性格特性とストレスコーピングの関連性について

専攻紹介

心理学専攻

人間のこころに迫る教育と実践

心理学科では、生物・神経生理・認知、教育・発達・支援、さらには産業・家族・社会などの多面的視点から心理学の理論を学びつつも、実験・調査の実体験を重視し、知識偏重型ではない教育を進めています。また、2018年度からは、公認心理師の養成に対応するカリキュラムをスタートし、希望者を対象に、地域の専門家と連携しながら将来の心理職専門家を養成することにも力を入れています。

くわしく見る

人が紡ぎ出すもの。
人を揺り動かすもの。
人の歩みの標となるもの。
そのすべてが「文学部」。

愛知大学 文学部について