人間のこころに迫る教育と実践

心理学科では、生物・神経生理・認知、教育・発達・支援、さらには産業・家族・社会などの多面的視点から心理学の理論を学びつつも、実験・調査の実体験を重視し、知識偏重型ではない教育を進めています。また、2018年度からは、公認心理師の養成に対応するカリキュラムをスタートし、希望者を対象に、地域の専門家と連携しながら将来の心理職専門家を養成することにも力を入れています。

科目の紹介

学生の研究

教員の紹介

  • 井藤 寛志 いとう ひろし

    心理学専攻 教授

    専門分野/研究テーマとその内容

    認知科学/認知心理学

  • 鎌倉 利光 かまくら としみつ

    心理学専攻 教授

    専門分野/研究テーマとその内容

    発達心理学・パーソナリティ心理学・臨床心理学・教育心理学

  • 木之下 隆夫 きのした たかお

    心理学専攻 教授

    専門分野/研究テーマとその内容

    心理療法、臨床心理学、学校心理学

  • 関 義正 せき よしまさ

    心理学専攻 教授

    専門分野/研究テーマとその内容

    生物心理学/音声コミュニケーション、模倣・同調

  • 安達 悠子 あだち ゆうこ

    心理学専攻 准教授

    専門分野/研究テーマとその内容

    応用心理学、社会心理学、産業・組織心理学、人間工学

  • 吉岡 昌子 よしおか まさこ

    心理学専攻 准教授

    専門分野/研究テーマとその内容

    心理学/応用行動分析学、対人援助、セルフ・マネジメント、障害児・者の支援

心理学科の教員一覧を見る

卒業論文の主なテーマ

  • 挫折経験の有無とその評価及び自己成長感との関連性
  • 自己受容と痩せ願望の関連について
  • 飼い鳥は自分の”名前”と飼主を認識しているか-馴化・脱馴化法による検討
  • 「聴くスキル」の向上を目指す簡易型認知行動療法の遠隔行動的コーチング
  • 感情を喚起する刺激の視覚探索の特徴
  • 第二次反抗期の表出の仕方と外向性・内向性との関連性-大学生を対象とした調査研究-
一覧を見る

専攻紹介

心理学専攻

人間のこころに迫る教育と実践

心理学科では、生物・神経生理・認知、教育・発達・支援、さらには産業・家族・社会などの多面的視点から心理学の理論を学びつつも、実験・調査の実体験を重視し、知識偏重型ではない教育を進めています。また、2018年度からは、公認心理師の養成に対応するカリキュラムをスタートし、希望者を対象に、地域の専門家と連携しながら将来の心理職専門家を養成することにも力を入れています。

くわしく見る

人が紡ぎ出すもの。
人を揺り動かすもの。
人の歩みの標となるもの。
そのすべてが「文学部」。

愛知大学 文学部について