「現代社会」という
巨大な対象に切り込むための
知識と技術を

変化する日常の中で、「より人間らしく、より住み心地のよい社会をどのように築いていくのか」を考えるためには、社会の仕組みや決まりを客観的・批判的に捉えることが必要です。社会学専攻では、社会調査に関わる科目を通して社会の構造や動きを実証的に捉える技法を学び、現代社会の抱える諸問題に多角的に迫ります。

科目の紹介

学生の研究

教員の紹介

  • 樫村 愛子 かしむら あいこ

    社会学専攻 教授

    専門分野/研究テーマとその内容

    精神分析理論(ラカン派)による現代社会分析、現代文化分析、臨床社会学、カルチュラル・スタディーズ他

  • 土屋 葉 つちや よう

    社会学専攻 教授

    専門分野/研究テーマとその内容

    家族社会学・障害学/障害のある人と家族関係 

  • 植田 剛史 うえだ たけふみ

    社会学専攻 准教授

    専門分野/研究テーマとその内容

    社会学・都市研究/都市の計画をめぐる知識・権力の再編

  • 田靡 裕祐 たなびき ゆうすけ

    社会学専攻 准教授

    専門分野/研究テーマとその内容

    労働社会学、社会階層論、社会意識論/労働観の形成と変化、社会階層との関連についての計量社会学的研究

  • 湯川 やよい ゆかわ やよい

    社会学専攻 准教授

    専門分野/研究テーマとその内容

    社会学(教育社会学)/非対称的関係におけるコミュニケーション(ハラスメントの研究、ぺドファイルの研究)、ポスト構造主義理論と社会調査研究の接合

人文社会学科 社会学コースの教員一覧を見る

卒業論文の主なテーマ

  • ボーイズラブ作品の読み手のジェンダー観
  • 成人女性の家庭・就労選択におけるワークライフバランス
  • 外国人住民との協働による地域防災~知立団地の事例から~
  • 子ども食堂に求められる社会的役割と展望
  • 不登校児童生徒の保護者と「縁者のスティグマ」
一覧を見る

専攻紹介

社会学専攻

「現代社会」という
巨大な対象に切り込むための
知識と技術を

変化する日常の中で、「より人間らしく、より住み心地のよい社会をどのように築いていくのか」を考えるためには、社会の仕組みや決まりを客観的・批判的に捉えることが必要です。社会学専攻では、社会調査に関わる科目を通して社会の構造や動きを実証的に捉える技法を学び、現代社会の抱える諸問題に多角的に迫ります。

くわしく見る

人が紡ぎ出すもの。
人を揺り動かすもの。
人の歩みの標となるもの。
そのすべてが「文学部」。

愛知大学 文学部について