卒業論文の主なテーマ

社会学専攻

  • ボーイズラブ作品の読み手のジェンダー観
  • 成人女性の家庭・就労選択におけるワークライフバランス
  • 外国人住民との協働による地域防災~知立団地の事例から~
  • 子ども食堂に求められる社会的役割と展望
  • 不登校児童生徒の保護者と「縁者のスティグマ」
  • 韓国における兵役の現状とその問題点
  • 「不登校経験」の語り
  • SNSは人のつながりに影響を与えるのか
  • 若者におけるスマホの使用とコミュニケーションの関係性
  • 学生が考えるコミュニケーション能力
  • 「ふるさと納税」による地域活性化とその課題
  • 職業としてのYouTuberに関する社会学的考察
  • 若者の「恋愛離れ」に関する考察
  • 食品ロスをめぐる現状とフードバンクの可能性
  • 若者は何を写真に撮りどう使うのか -Instagramの普及が与えた影響とは
  • 『ウルトラマン』と社会正義――彼はヒーローだったのか――
  • これからの日本の観光のあり方
  • SNSが生み出すデマ -人々にとっての情報の信憑性
  • ゲームに付属するマイナスイメージ
  • 他者の視線と化粧―自己実現の手段(としての化粧)―
  • メディアに描かれる女性像とジェンダーの変化――朝の連続テレビ小説を中心に――
  • 現代日本における健康の自己責任論
  • 子どもがいない夫婦が受ける社会的不平等
  • 商品化されていく宗教の質的変化について
  • インスタグラムで表現される自己
  • 児童虐待問題を考える――児童相談所に焦点を当てて――
  • 映像作品によるシティプロモーションの可能性
  • 日本の若年K-POPファンの語り
  • 夏フェス参加者は何を求めているのか:TREASURE05Xを事例に
  • メディアと音楽文化の多様化――ライブ配信での音楽共有体験に着目して――
  • リーダーに求められる資質の理想と現実
  • ミニシアターの存在意義――ミニシアターは一部の映画好きのためだけの空間なのか――
  • 社会学から見る社交不安症
  • 学生の視点から見たアクティブラーニング
  • 子どもの貧困に対する社会のあり方への一考察
  • 大学全入時代における学歴の意味
  • 「共感」が生む宝塚歌劇のファン文化
  • Instagramが消費者行動に与える影響――タピオカ流行から考える――
  • 現代の親子関係に関する考察
  • スポーツとジェンダー:女子野球を事例に
  • 若者の「恋愛と結婚」観
  • 「承認」の社会学的考察――重大事件の背景にある承認不安に着目して――
  • Vtuberとは何か-視聴者が求めるもの
  • 地方都市での公共交通のあり方――コンパクトシティ政策を例として――
  • 社会的ひきこもりの実態と人々の認識について
  • 動画配信サイトを利用する人の動画視聴経験
  • 日本の大卒女性における「一般職」と「総合職」の選択理由について―キャリア形成とライフコースへの展望の観点から―
  • 発達障害者に対する就労支援の現状と課題
  • 大規模災害時における長期避難所生活とスフィア基準
  • 非正規労働者の増加とその社会的影響
  • 高齢者の社会的孤立と地域福祉の役割
  • 「スマホ依存」の社会学――デジタルメディアへの依存からみる社会問題――
  • 若者のサブスクリプションサービス利用
  • 運転時の攻撃的な人格について
  • メディアにおけるジェンダー描写-テレビドラマを中心とした分析から
  • 日本社会における晩婚化・未婚化
  • 現代日本の若者に見られるジェンダーバックラッシュ
  • オリンピックの社会的あり方
  • 喫煙者と非喫煙者の共存に向けて
  • 日本と上海の教育制度に関する比較――PISA調査結果の考察から――
  • 官民連携による中心市街地の再開発――岡崎市QURUWA戦略を事例として――
  • 日本のホームレスと自立支援―年越し派遣村とその後―
  • 「ツイフェミ」とはなにか――Twitterでの炎上事件を中心に――
  • 学校教育におけるジェンダー意識形成
  • 私たちがインスタグラマーを支持する理由
  • 日本社会における時間についての規範意識
  • 女性はなぜ仕事を辞めるのか
  • 環境が色彩観に与える影響について―カラーユニバーサルデザインの視点から―
  • 短期大学を選び、学ぶという経験:女子学生へのインタビュー調査から
  • #MeTOO運動時代において「声をあげる」こと―ポリティカル・コレクトネスのゆくえ―
  • Instagram利用者の観光地における消費行動の変化

専攻紹介

社会学専攻

「現代社会」という
巨大な対象に切り込むための
知識と技術を

変化する日常の中で、「より人間らしく、より住み心地のよい社会をどのように築いていくのか」を考えるためには、社会の仕組みや決まりを客観的・批判的に捉えることが必要です。社会学専攻では、社会調査に関わる科目を通して社会の構造や動きを実証的に捉える技法を学び、現代社会の抱える諸問題に多角的に迫ります。

くわしく見る

人が紡ぎ出すもの。
人を揺り動かすもの。
人の歩みの標となるもの。
そのすべてが「文学部」。

愛知大学 文学部について