卒業論文の主なテーマ

現代国際英語専攻

  • Changes in the Social Status of Gays Viewed in Films
  • The discursive process of establishing Elsa's identity in “Frozen” and “Frozen2”
  • Black Stereotypes Viewed in American Movies
  • How are characters’ impressions differentially created in Harry Potter novels?: A comparison between English and Japanese versions
  • The difficulty of requesting retrials in Japan
  • An analysis of live broadcasting discourse of eating contests in the US
  • A cashless vision for the future in Japan
  • A Study of Discrimination in Disney Animation Films from the 1930s to the Present
  • Improving the situation of working fathers in Japan
  • A study of Gender Differences and Word-Formation in the Usage of Youth Language on LINE
  • The effect of immigration on Japan
  • Coordination of Poetic and Narrative Structures in cooking shows
  • Classroom discourse analysis of expert and novice teachers' instructions
  • Differences in politeness strategies in Japanese literary works in the 20th Century
  • American Politics Shown in Movies since 1940
  • Food waste in Japan
  • Changes of Men and Women in the Pixar Animations
  • The problems of convenience in Japan
  • African Americans’ Social Status Viewed in Hip-hop
  • Difference in American and Japanese perception of Godzilla
  • A Study of Racial Discrimination in Superhero Movies
  • Japan's Lack of Press Freedom
  • Discrimination against women in the workplace
  • The impact of ICT on Japanese education and employment
  • Position of Rap in K-pop Music Scene in the 21st Century: Focusing on BTS and BLACKPINK
  • Improving productivity and working conditions in Japan

ドイツ語圏文化専攻

  • ベートーヴェンの第九-その現代ドイツ人にとっての意味-
  • グリム童話『ラプンツェル』について-作品の流れと時代背景
  • 休むために働くドイツ人~ドイツ人にとっての休暇とは~
  • ドイツと日本の動物保護の違い-殺処分ゼロを可能にしたドイツ-
  • フランツ・リスト-悪魔の指を持つピアニストの生涯-
  • ドイツサッカーの魅力を紐解く-歴史・育成・経営・フェラインから見て-
  • ドイツの河川と都市の発達
  • 戦後ドイツにおける音楽の変容-プロパガンダから自己表現へ-
  • 時代背景と共に移り変わるドイツの街並み
  • ドイツと日本の労働比較
  • ドイツ文学での色彩表現
  • グリム童話『カエルの王様 または鉄のハインリッヒ』について -隠された物語の本質
  • ドイツの環境への取り組みー日本との比較
  • フランツ・カフカの『変身』、『審判』と彼の与えた影響
  • グリム童話の女性主人公について~なぜ女性主人公の作品は有名になったのか~
  • テオドール・シュトルムの『みずうみ』について~作家の生涯から作品を考える~
  • ドイツ、シュタイナー教育の歴史と現在
  • ドイツにおける婚姻の平等性-同性婚は日本で認められるか?-
  • ドイツと日本の外国人労働政策について-移民受け入れ国の現状-

フランス語圏文化専攻

  • パリのカフェと文化人-モンパルナスとサン=ジェルマン=デ=プレ
  • フランスにおける日本マンガの受容について-トニー・ヴァレント著『ラディアン』を読む
  • イソップ寓話との比較から見たラ・フォンテーヌ寓話
  • 2005年パリ郊外暴動事件とその背景
  • 移民社会フランスと人種差別
  • 刊行レシピ集から見たgalette des rois
  • シャネルNo.5とフランスの香水産業
  • 二つのサロメ像-フローベールとワイルド
  • ギロチンの歴史とフランス裁判制度について

専攻紹介

現代国際英語専攻

英語力を身につけるとともに
世界標準語としての英語を研究

英語コミュニケーション能力を伸ばすとともに、英語圏の文化・文学や英語そのものも研究対象とします。標準的な英語だけでなく、世界各地で独自の変化を遂げた英語(インドやシンガポールなど)にも触れることで、英語と英語圏文化の多様性を理解し、世界中の人々と対話できる能力を養います。

くわしく見る

ドイツ語圏文化専攻

ヨーロッパの中核をなす
ドイツ語圏文化を幅広く学ぶ

EU最大の話者数を誇るドイツ語の修得と、ドイツ語圏の文学・文化の本質に迫ります。歴史、環境問題、クラシック音楽からポップカルチャーまで、多様なドイツ語圏文化に接することができる他、協定大学(ブレーメン大学、ブレーメン経済工科大学)との交流も積極的に展開しています。

くわしく見る

フランス語圏文化専攻

世界中に展開するフランス語圏文化
その本質と多様性を探究する

国連の公用語でもあるフランス語を基礎から学び、世界に広がるフランス語圏の文学・文化を探究します。交換留学制度・認定留学制度を利用して、毎年何名もの学生が、フランス各地の大学で学んでいます。フランス語での対話を通じて文化的な差異を理解し、言葉の背景にある文化やライフスタイルを学びます。

くわしく見る

人が紡ぎ出すもの。
人を揺り動かすもの。
人の歩みの標となるもの。
そのすべてが「文学部」。

愛知大学 文学部について