文字サイズ

コース紹介

ホーム > コース紹介 > まちづくりコース

まちづくりコース

まちづくりコース

GISやワークショップなどの手法を学び、新時代のまちづくりを追求します。

従来の「まちづくり」とは、都市工学の一分野でした。
しかしIT技術の進歩や新たな手法の開発、さらに社会起業をはじめとする政策連携の考え方の誕生により、新しいまちづくりとそれを担う人材が求められています。
本コースでは、社会実験による問題発見と解決の手法を基礎に、注目のGIS(地理情報システム)の理解と、まちづくりに関する多彩なワークショップ技法の習得をめざします。
他にも学生が仕掛け人となって地域貢献のための社会実験を行うなど、実践的な取り組みを通して、まちづくりの担い手を育てます。

科目ピックアップ

まちづくりとデータ分析

まちづくりに必要な情報処理力を養います。

まちづくりには、データの収集と分析が欠かせません。そこで、なぜデータが必要かという考察から始め、必要なデータの確認方法、統計資料などからのデータ収集方法、現地調査によるオリジナルデータ作成方法、データの種類に即した処理・分析手法、まちづくりへの応用方法まで幅広く習得します。

ワークショップ演習

ワークショップで実践的に体験しながらファシリテーターに役立つ技法を習得します。

まちづくりの現場で用いられるワークショップという手法について、単なる計画づくりの手法としてではなく、その本来の考え方や特徴、手順、意義などを理論的に学びます。またワークショップを学生自身が実体験することで、将来、ファシリテーターとしてまちづくりの現場で活用する技法を習得します。

NPO論

現代のまちづくりに欠かせないNPOの理論と実際を学びます。

現在、国内に約4万ものNPO(非営利で社会貢献活動や慈善活動を行う市民団体)が存在し、まちづくりを考える上で重要な役割を担っています。ここでは今日の社会がNPOを必要としている背景と、実際のまちづくりにおけるNPO活動事例を通して、NPOの理論と実際を学びます。

コミュニティ・ビジネス論

新しいビジネスの形として注目されるコミュニティ・ビジネスを学びます。

ボランティア活動や市民活動の高まり、働き方の多様性などの価値観の変化の中、地域問題の解決を目的とする新しいビジネスとして「コミュニティ・ビジネス」が注目されています。ここでは、コミュニティ・ビジネス(ソーシャル・ビジネス、社会起業論も含む)の理論と実践、さらにその手法を学びます。

めざす将来

  • 地方公務員
  • 公共団体職員
  • 地域おこしNPO職員
  • 地域学の研究者など

「街なか活性化」や「農山村再生」の活動におけるファシリテーターとしての力を身につけた地方公務員や公共団体職員、地域おこしNPO職員をめざします。また、地域の点検手法と地域資源の空間表現手法をもった地域学の研究者としての活躍も可能です。ここで学んだコミュニケーション能力・プレゼンテーション能力・企画力・論理思考力などは、どの業界でも必ず役立ちますので、将来、幅広い活躍の場が用意されています。

ページ
トップ