文字サイズ

コース紹介

ホーム > コース紹介 > 地域産業コース

地域産業コース

地域産業コース

地域経済とビジネスの両方を理解した地域産業の担い手を育成します。

国の経済の発展には、地域経済の安定が不可欠です。
近年の不況のもと、地域経済の安定を図るため、地域運営にもビジネス感覚が求められてきました。
その一例が、介護や育児などの社会問題の解決策を事業化する「社会起業」というビジネススタイルです。 他にも国際競争力の獲得や労働・雇用戦略、第一次産業の見直しなど、地域の産業は多くの課題をかかえています。
本コースでは、現代の経済と地域経済・産業、そして歴史的な理解をベースに、東海地域の産業に関する課題とその政策を学び、
地域産業の担い手を育成します。

科目ピックアップ

地域産業論

「地場産業」を題材として、地域産業の将来を考えます。

日本では中小企業が一定の地域に集まり、「地場産業」を形成しています。しかし近年、市況の変化に伴い地場産業にも見直しが求められています。この授業では、地場産業を題材に、海外諸国と比較した地域産業の再生や新しい産業の創造、地域産業支援政策などを考察し、日本の地域産業の将来を考えます。

地域金融論

地域の経済を担う金融業界に不可欠の豊富な知識と知恵を身につけます。

地域金融機関の実務の基本を学んだ後、1990年代以降の金融行政や、地域密着型の金融機関のビジネスモデルとして注目されるリレーションシップ・バンキングなど、地域の金融機関と地域経済・自治体との関係を学習。東海の地域金融を担う銀行員や自治体関係者をめざす人にとって有用な知識と知恵を身につけます。

国際ビジネス論

実例を通して、国際ビジネスの背景と展開課題を学びます。

国際ビジネスとは、ヒト・モノ・カネ・情報などの「経営資源」が、営利を目的としてさまざまな国の間を移動する活動全般をさします。ここでは国際ビジネスのさまざまな形態を学ぶとともに、実際の事例や実務にてらしあわせて国際ビジネスの背景や現状、今後の展開課題などを学びます。

企業発展論

産業革命から今日にいたるまで、企業について広い視点で学びます。

18世紀にイギリスで起こった産業革命以降、20世紀のアメリカで形成された大企業体制、そして今日の日本の企業システムまで、企業の組織や管理の手法、制度がどのように発展してきたかを学びます。また大量生産方式、科学的管理、多角化、事業部制、品質管理、さらに日本的経営などについても学習します。

めざす将来

  • 起業家
  • グローバル展開するメーカー
  • 金融関係
  • 商社・外資系企業など

地域産業の歴史や現状をよく理解し、国際感覚を持つ地域産業の担い手、たとえばバランスのとれた地域産業の発展を担う企業人や、起業家をめざします。ここで学ぶ知識は、経済活動を行うために不可欠な知識が多く、将来どのような職業を選択するとしても、必ず役立つはずです。

ページ
トップ