活動概要:
まちなかにおける魅力発見・発信プロジェクト―「まちなか」や「まちづくり」の意義を地理学的視点から考える―

駒木ゼミは,地域を記述する学問である「地理学」をベースとして活動しています。豊橋まちなかをフィールドとして,現地調査(地図を使った土地利用調査や住民へのヒヤリングなど)やまちづくり活動・ワークショップへの参加を通じて地域を知り,地域の諸問題の実態やメカニズムを明らかにする手法を学び,アカデミックに情報を発信します。こうした活動を通じて,まちや通りが持つそれぞれの役割を考えまちとひととをオーラルヒストリーによって橋渡しする「まちづくりプラットフォーム」の一翼となることを目指しています。

駒木ゼミプロジェクト

2020年度「豊橋まちなかのバーチャルまちあるきツアー作成・提案」


駒木ゼミ卒業研究要旨

2014年度提出分
2015年度提出分
2016年度提出分
2017年度提出分
2018年度提出分
2019年度提出分
2020年度提出分


駒木ゼミ講読論文リンク