ホーム>外国語検定奨励金制度

外国語検定奨励金制度

  • 名古屋校舎
  • 豊橋校舎

 愛知大学では外国語教育に力を入れており、TOEICの授業と関連して2年生を対象としたTOEIC IPテストの無料受験を実施しております。
 当研究室では、外国語検定試験の合格者に奨励金(図書カード)を贈る自主学習支援の制度を設けています。(2014年度は55名の学生に奨励金が贈られました。実績を掲載しています。)
 今年度も下記により受付をしますので、合格者は申請をしてください。
 ※合格年月日に気をつけてください。

【奨励対象者】

 愛知大学名古屋校舎学部生
 (協定留学生、科目等履修生、研究生は除く)

【2016年度奨励基準】

語系検定名級・点数
英語 実用英語技能検定(英検) 準1級以上
TOEIC 650点以上(公開テストのみ)
TOEIC S/W 130点以上
TOEFL iBT 50点以上
IELTS 4以上
国際連合公用語英語検定(国連英検) B級以上
ビジネス通訳検定(TOBIS) 3級以上
日商ビジネス英語検定 3級以上
通訳案内士(通訳ガイド) 合格
ドイツ語 ドイツ語技能検定(独検) 4級以上
フランス語 実用フランス語技能検定(仏検) 4級以上
DELF・DALF A1以上
TCF 100点以上
中国語
(現代中国学部生除く)
中国語検定 4級以上
HSK 3級以上
ロシア語 ロシア語能力検定 4級以上
韓国・朝鮮語 ハングル能力検定 4級以上
韓国語能力試験 2級以上
タイ語 実用タイ語検定 3級以上
日本語 日本語能力検定(JLPT) N1級
BJTビジネス日本語能力テスト 460点以上

(※TOEIC IP、TOEFL ITP、カレッジTOEICは対象外)

【受付期間】

 2016年2月1日(月)〜2017年1月31日(火)

【申請方法】

 「合格証明書」もしくは「スコアシート」と「学生証」を持参し、カウンターにて申請をしてください。

【奨励金(図書カード)の交付】

受付期間終了後に会議で金額を決定し、本人に通知します。

【奨励基準の合格日】

2015年2月1日〜2016年1月31日の間に合格した検定試験で、同一語系は1検定のみが対象となります。
言語が異なっている場合は、複数申請ができます。
ただし、本年度入学生は入学後に受験した試験に限ります。

【2015年度の実績(名古屋校舎)

※この実績には同一言語への複数申請も含みます。

    
検定試験名点数・級学部学年
英語検定準1級国コミュ2名
TOEIC650点以上国コミュ/現中/経済/経営22/2/2/1名
750点以上国コミュ/法/現中/経営7/2/2/1名
850点以上国コミュ3名
TOEIC S/W180点以上国コミュ1名
IELTS5.5以上国コミュ/現中/経済各1名
中国語検定4級国コミュ/経営5/1名
3級国コミュ3名
2級1名
HSK5級国コミュ1名
6級国コミュ1名
ドイツ語検定4級国コミュ1名
3級1名
フランス語検定4級国コミュ2名
3級国コミュ1名
DELF・DALFA1国コミュ1名
A2国コミュ6名
B1国コミュ2名
TCF300点以上国コミュ2名
ハングル能力検定4級国コミュ1名
韓国語能力検定5級国コミュ/経営2/1名
4級国コミュ1名
2級国コミュ/現中各1名
日本語能力試験N1国コミュ5名
現中3名
BJTビジネス日本語能力テスト460点以上現中2名
国コミュ/経営各1名

topへ

 愛知大学では外国語教育に力を入れており、TOEICの授業と関連して1,2年次生を対象としたTOEIC IPテストの無料受験を実施しております。
 当研究室では、このTOEIC IPを含む外国語検定試験の合格者に奨励金(図書カード)を贈る自主学習支援の制度を設けています。(2016年度は41名の学生に奨励金が贈られました。実績合格者からのメッセージを掲載しています。)
 今年度も下記により受付をしますので、合格者は申請をしてください。
 ※合格年月日に気をつけてください。

【奨励対象者】

 愛知大学豊橋校舎の学部生および短大生
  (協定留学生、大学院生、オープンカレッジ生、孔子学院生、科目等履修生、研究生は除く)

【2017年度奨励基準】

語系検定名級・点数
英語 英語検定 2級以上
TOEIC 530点以上
TOEIC IP @750点以上 A前年比100点アップ
(@かAのどちらか)
TOEFL iBT 50点以上
ドイツ語 ドイツ語検定 4級以上
フランス語 フランス語検定 4級以上
DELF・DALF A1以上
TCF 100点以上
中国語 中国語検定 4級以上
HSK 3級以上
ロシア語 ロシア語検定 4級以上
韓国・朝鮮語 ハングル能力検定 4級以上
韓国語能力試験 2級以上
日本語 日本語能力検定 N1
BJTビジネス日本語能力テスト 460点以上

上記以外の検定試験についてはカウンターへご相談ください。
(※TOEFL ITP、カレッジTOEICは対象外)

【受付期間】

 2017年12月1日(金)〜2018年2月21日(水)

【申請方法】

 「合格証明書」と「学生証」を持参し、カウンターにて申請をしてください。
※TOEIC IP試験をA前年比100点アップで申請する方は、前年度の証明書も持参してください。

【奨励金(図書カード)の交付】

受付期間終了後に会議にて金額を決定し、本人へ通知します。

【奨励基準の合格日】

2017年2月22日〜2018年2月21日の間に合格した検定試験で、同一語系は1検定のみが対象となります。
言語が異なる場合は、複数申請ができます。
ただし、本年度入学生は入学後に受験した試験に限ります。

【2016年度の実績(豊橋校舎)

※この実績には同一言語への複数申請も含みます。

               
検定試験名点数・級学部学年
TOEIC8204年
8153年
7754年
715地域政策3年
7003年
6952年
6604年
6104年
5902年
5752年
575地域政策2年
5704年
5703年
TOEIC IPスコア:8601年
前年+225点up2年
前年+120点up地域政策2年
前年+115点up2年
前年+110点up2年
前年+105点up2年
前年+100点up地域政策2年
英語検定準1級4年
2級地域政策1年(2名)
中国語検定3級4年(1名)
3級3年(2名)
フランス語検定3級3年(2名)
4級1年(2名)
DELF・DALFA12年(3名)
ドイツ語検定2級4年
3級4年(1名)
3級3年(1名)
3級2年(2名)
BJTビジネス日本語能力検定5463年
5443年
5153年
日本語能力試験N11年
韓国語能力検定4級短大1年

【合格者のメッセージ】

〜 TOEIC メッセージ 〜
☆単語や文法などの基礎をかためてから、過去問題をひたすら解くことが大事だと思います。 815点
☆リスニングに特化して勉強をすると高得点がとれる。 820点
☆毎日コツコツ勉強すること。空き時間にできる勉強をすること。 715点
☆英語に慣れること(BBCラジオを聴く、英字新聞を読む等)。単語などの暗記物ばかりに注力しないこと。 775点
☆講義をしっかり受ける。 700点
☆TOEIC勉強用のノートを作ること。 695点
☆空き時間で勉強する習慣をつけた。 590点
☆過去問を解く。 570点
〜 TOEIC IP メッセージ 〜
☆TOEICの授業を頑張った。間違えたところをメモしたり、問題を解いて時間配分を確認したりして点数を上げた。 860点
☆新しい単語を覚えるより、基礎から文法を勉強しなおして、今までできなかった部分を知ことが有効。 前年+225点up
☆授業をしっかり聞く。簡単な問題集をたくさん解く。 前年+110点up
☆英語のCDをたくさん聴き、英語に慣れること。 前年+105点up
〜 英語検定 メッセージ 〜
☆単語や文法などの基礎をかためてから、過去問題をひたすら解くことが大事だと思います。 準1級
☆過去問をたくさん解く 2級
〜 中国語検定 メッセージ 〜
☆繰り返し問題集を解くこと。単語をたくさん覚えること。 4級
〜 フランス語検定 メッセージ 〜
☆問題集を繰り返しやる。リスニングは往復の電車の中で聞いた。 3級
☆単語、動詞の活用を毎日数個ずつ覚えていくと良い。 3級
☆やる気があれば勉強できる。 4級
〜 ドイツ語検定 メッセージ 〜
☆授業で習ったことを確実にものにすることが大切 3級
☆毎日単語を復習して、対応した問題集を解いた。 3級
〜 韓国語能力検定 メッセージ 〜
☆諦めずに勉強すること。CDを何回も聞くこと。 4級
〜 日本語能力試験 メッセージ 〜
☆日本語をよく使うことが大事 N1
〜 BJTビジネス日本語能力テスト メッセージ 〜
 
☆弱い部分をたくさん練習する。 546点
☆授業内容を聞く。常に意識して日本語を使う。 544点

topへ