ホーム>外国語コンテスト(名古屋)

外国語コンテスト(名古屋)

 外国語コンテストは毎年秋学期に開催されます。名古屋キャンパスで開講されている英語、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国・朝鮮語、ロシア語、タイ語、日本語を対象として実施されます。

 コンテストの課題は、それぞれの外国語科目の特性や実情に応じて設定され、自作の作文によるスピーチから、課題文の朗読、暗唱あるいは歌唱まで多様な形態をとっています。 このコンテストは学習成果を発表する貴重な機会です。
 みなさんも在学中にぜひ一度はチャレンジしてみてください。
 2014年度第20回入賞者のスピーチと講評を紹介します。

入賞者集合写真

表彰式1 表彰式2

  • 英語
  • ドイツ語
  • フランス語
  • 中国語
  • ロシア語
  • 韓国語
  • タイ語
  • 日本語

開 催 日 時 : 2014年11月20日(木)14:00〜
参加者 総数: 6名
課     題 : 自作スピーチ
入  賞  者 :

1位2位3位
国際コミュニケーション学部3年
丸山敬弘
 法学部4年 
 徳永隼人 
国際コミュニケーション学部3年
川津 求

丸山敬弘さんのスピーチ内容はこちらです。

英語の教員による講評はこちらです。2014年度講評

開 催 日 時 : 2014年11月25日(火)18:10〜
参加者 総数: 4名
課     題 : 朗読
入  賞  者 :

1位2位3位
国際コミュケーション学部4年
樋口祐子
国際コミュニケーション学部4年
倉橋奈巳

ドイツ語の教員による講評はこちらです。2014年度講評

開 催 日 時 : 2014年11月27日(木)12:30〜
参加者 総数: 21名
課     題 : 朗読
入  賞  者 :

1位2位3位
国際コミュニケーション学部3年
浅野峻也
法学部4年
瀬裕介
経済学部1年
鳥井優奈

フランス語の教員による講評はこちらです。2014年度講評

@ 対 象 学 部 : 法学部・経営学部・経済学部・国際コミュニケーション学部生
  開 催 日 時 : 2014年11月20日(木)13:00〜
  参加者 総数: 7名
  課     題 : 朗読
  入  賞  者 :

1位2位3位
国際コミュニケーション学部2年
宮地志奈
経営学部1年
三輪 悟
経営学部2年
加藤悠未子

中国語の教員による講評はこちらです。2014年度講評@

A 対 象 学 部 : 現代中国学部生
  開 催 日 時 : 2014年11月20日(木)15:30〜
  参加者 総数: 11名
  課     題 : 課題/自由
  入  賞  者 :
   (課題部門:6名)

1位2位3位
現代中国学部1年
森山麗海
現代中国学部1年
大竹真璃奈
現代中国学部1年
塩井晴貴

中国語の教員による講評はこちらです。2014年度講評A

   (自由作文部門:5名)

1位2位3位
現代中国学部4年
古橋里紗
現代中国学部2年
本竹紗和子
現代中国学部3年
前田春香

古橋里紗さんのスピーチ内容はこちらです。タイトル古橋里紗

開 催 日 時 : 2014年11月25日(火)16:30〜
参加者 総数: 48名
課     題 : 朗読
入  賞  者 :

1位2位3位
法学部1年 青木 駿
経営学部1年 篠田竜也
 法学部1年 西河雄紀
経営学部1年 佐藤貴将
経済学部1年 長友英心
法学部1年 加賀大介 
経済学部1年 小酒井貴大
経済学部1年 木村剛志   

ロシア語の教員による講評はこちらです。2014年度講評

開 催 日 時 : 2014年11月18日(月)18:10〜
参加者 総数: 24名
課     題 : 暗唱/自作スピーチ
入  賞  者 :

1位2位3位
経営学部2年
都築奈津美
経営学部2年
野末明里
経営学部3年
神原由茉

都築奈津美さんのスピーチ内容はこちらです。

韓国・朝鮮語の教員による講評はこちらです。2014年度講評

開 催 日 時 : 2014年11月18日(火)16:30〜
参加者 総数: 36名
課     題 : 朗読/歌唱
入  賞  者 :

1位2位3位
経営学部1年
盛田真央
経営学部2年
柴山なな美
経営学部1年
松井優治

タイ語の教員による講評はこちらです。2014年度講評

開 催 日 時 : 2014年11月25日(火)12:30〜
参加者 総数: 11名
課     題 : 自作スピーチ
入  賞  者 :

1位2位3位
国際コミュニケーション学部1年
アニサ パダン ペランギ
経営学部1年
チョウ ライ
経営学部1年
トウ ヨウ

アニサ パダン ペランギさんのスピーチ内容はこちらです。タイトル『小さな話し』

日本語の教員による講評はこちらです。2014年度講評