主な研究テーマ 『説文解字』と清代古音学に関する研究


1. 論 文(単著)

1)昭和59年(1984)4月30日 研究論文「江永の古韻分部と諧声符」(お茶の水女子大学中国文学会,『お茶の水女子大学中国文学会報』, 第3号)

2)昭和61年(1986)10月10日 研究論文「段玉裁古音第十五部の押韻字と諧声符」(中国語学会, 『中国語学』,第233号)

3)昭和62年(1987)4月25日 研究論文「段玉裁「古十七部諧声表」第十五部の諧声符 ――配列の原則を中心として--」(お茶の水女子大学中国文学会,『お茶の水女子大学中国文学会報』,第6号)

4)昭和63年(1988)10月20日 研究論文「諧声符配列法の原型とその変型」(中国語学会,『中国語学』, 第235号)

5)平成2年(1990)6月1日 研究論文「『広韻」「集韻』の韻目の異同について」(好文出版, 中国語学研究『開篇』, 第7号)

5)の翻訳・平成4年(1992)7月 尉遅治平訳「論『広韻』『集韻』韻目之差異」〈中文〉(中国音韻学研究会, 『音韻学研究通訊』, 第16期)           

6)平成4年(1992)7月31日 研究論文「陳奐『説文部目分韻』考」(東方学会, 『東方学』, 第84輯)

7)平成5年(1993)4月24日 研究ノート「李燾『説文解字五音韻譜』標目の韻目」(『お茶の水女子大学中国文学会報』, 第12号)

8)平成6年(1994)6月 研究ノート「論古音学与諧声表」〈中文〉(中国・華中理工大学中国語言研究所『語言研究』一九九四年増刊)

9)平成8年(1996)4月20日 研究論文「江ゲン (さんずい+元) 『説文釈例・釈音例』の初声について ―『説文解字音均表』との比較を中心にして」(『お茶の水女子大学中国文学会報』, 第15号)

10)平成9年(1997)3月 研究論文「江ゲン(さんずい+元)『説文釈例・釈音例』の初声の配列 ―『説文解字音均表』への発展』(『お茶の水女子大学人文科学紀要』, 第50号)

11)平成10年(1998)4月25日  研究論文「江ゲン(さんずい+元) 『説文解字音均表』から見る段玉裁の増加字と諧声符」(『お茶の水女子大学中国文学会報』, 第17号)

12)平成10年(1998)6月7日 研究ノート「中国語音声学教学札記」 (好文出版, 中国語学研究『開篇』,第17号)

13)平成10年(1998)11月 30日  研究論文「江ゲン(さんずい+元)『説文解字音均表』における増加字と諧声符 」(東京外国語大学中国言語文化研究会, 『中国言語文化論叢』, 第2輯)

14)平成11年(1999)12月25日 研究論文「顧炎武『古音表』の入声韻分割と諧声符」(愛知大学文学会, 『文学論叢』, 第120輯)

15)平成12年(2000)8月 研究論文「論顧炎武『古音表』的離析入声韻和『広韻』小韻首字」〈中文〉(中国音韻学研究会・徐州師範大学語言研究所編, 香港文化教育出版社, 『中国音韻学研究会第十一届学術討論会・漢語音韻学第六届国際学術研討会論文集』)

16)平成13年(2001)4月28日 研究論文「論江ゲン(さんずい+元)『説文解字音均表』和諧声符 ――以第9部(東・冬)的最後部分為主――」〈中文〉(『お茶の水女子大学中国文学会報』, 第20号)

17)平成14年(2002)2月20日 研究論文「論江ゲン(さんずい+元)『説文解字音均表』第4部最後部分的諧声符」〈中文〉(愛知大学文学会, 『文学論叢』, 第125輯)

18)平成14年(2002)6月 研究論文「論研究〈王念孫的古音学〉上的文献資料――1990年的研究与2002年的補遺」〈中文〉(台湾・中山大学, 『第七届清代学術研討会論文集』 )

19)平成15年(2003)年7月20日 研究論文「顧炎武『唐韻正』における入声韻分割と『広韻』」(愛知大学文学会, 『文学論叢』, 第125輯)

20)平成16(2004)年4月 研究論文「論胡重『説文字原韻表』和陳奐『説文部目分韻』」〈中文〉(『第十五届中国文字学国際学術研討会論文集』, 輔仁大学中国文学系・中国文字学会)

21)平成17年(2005)4月23日 研究論文「狩谷エキ(きへん+夜)斎『説文検字篇』所載の字書」,(『お茶の水女子大学中国文学会報』, 第24号)

22)平成18年(2006)7月20日 研究論文「顧炎武『音学五書』訪書記」(愛知大学文学会, 『文学論叢』, 第134輯)

23)平成20年(2008)2月 研究論文「顧炎武『唐韻正』に見える諧声符と『説文』『広韻』 ――平声支韻を中心に――」(愛知大学文学会, 『文学論叢』, 第137輯)

24)平成22年(2010)7月 研究論文「黄以愚『声訓緯纂』稿本抄本と古韻分部」(愛知大学文学会, 『文学論叢』, 第142輯)

25)平成23年(2011)1月 研究論文(研究動向)「顧炎武古音学研究在日本」(中文)(龍荘偉・曹広順・張玉来(主編)『漢語的歴史探討-慶祝楊耐思先生八十寿誕学術論文集』,中華書局)

26)平成24年(2012)2月 研究論文「国家図書館蔵の黄以愚『重訂諧声表』の古韻分部」(愛知大学文学会, 『文学論叢』, 第145輯)

27)平成25年(2013)10月 研究論文「古音学与江ゲン(さんずい+江)『説文解字音均表』」(葉宝奎・李無未(主編)『黄典誠教授百年誕辰紀念文集』,厦門大学出版社)

28)平成27年(2015)5月 研究論文(学界動向)「漢語音韻研究在日本(2011-2012年)」(中文)(四川師範大学漢語研究所『語言歴史論叢』,第8輯)

29)平成28年(2016)3月 研究論文「江ゲン(さんずい+江)『説文解字音均表』の成書と刊行」(愛知大学人文社会学研究所『文学論叢』,第153輯)

30)平成28年(2016) 6月  研究論文「黄以愚与『広諧声表』的古韻分部」(中文)(北京大学中国語言学研究中心『語言学論叢』,第53輯

31)令和元年(2019)7月 研究論文「江沅『説文解字音均表』の続経解本と清稿本における諧声符の配列 -蘇州図書館蔵本を新たな資料として-」(愛知大学語学教育研究室『言語と文化』,第41号)

32)令和3年(2021)1月 研究論文「段玉裁と江沅及び江沅の親族 ――江沅『説文解字音均表』研究のために」(愛知大学語学教育研究室『言語と文化』,第44号) 


2.翻訳 (単著)
1)平成18年(2006)年1月 周斌武著「清代古音学」(愛知大学語学教育研究室紀要, 『言語と文化』, 第14号)

3.その他 

(1)紹介・書評 ほか(単著)

1)昭和63年(1988)12月24日 紹介「陳復華・何九盈両先生の『古韻通暁』をめぐって」(好文出版, 中国語学研究『開篇』, 第6号)

2)平成元年(1989)10月5日 書評「何九盈著『古漢語音韻学述要』」(東方書店,『東方』, 第103号)

3)平成4年(1992)4月23日 紹介「“紀念王力先生九十誕辰語言学研討会”見聞記」(中国語学研究『開篇』, 第9号) 

4)平成5年(1993)6月5日 書評「北大と復旦の本 ――『紀念王力先生九十誕辰文集』と『中国歴代語言学家評伝』」(『東方』,第147号)

5)平成11年(1999)12月30日 編集後記「周斌武『清代古韻学』編印説明」<中文> (中国語学研究『開篇』, 第19号)

6)平成12年(2000)2月25日 紹介「中国音韻学研究会学術討論会への4回目の参加」(東京外国語大学中国語研究室内中国俗文学研究会,『中国俗文学研究』第16号)

7)平成19年(2007)12月 紹介「唐作藩教授与学術研討会」(『語苑英(二) ―慶祝唐作藩教授八十華誕学術論文集
,中国大百科全書出版社)

8)平成24年(2012)学界展望「学界展望・中国語学・2011年度・音韻文字訓詁」(『日本中国学会報』,第 64集)  

9)平成25年(2013)学界展望「学界展望・中国語学・2012年度・音韻文字訓詁」(『日本中国学会報』,第 65集)  

10)平成27年(2015)3月 論学「陳新雄教授与古音学研究」(『陳新雄教授八秩誕辰紀念論文集』,万巻楼)

11)平成27年(2015)12月 学会報告記「紀念陳新雄教授八秩誕辰学術論文発表会に参加して」(中国語学研究『開篇』,Vol.34)

12)平成27年(2015)12月 その他「こだわりの中国・香港・台湾映画」(愛知大学語学教育研室『Lingua』,Vol.7)

13)平成29年(2017)10月 学界展望「学界展望・中国語学・2016度・音韻」(『日本中国学会報』,第69集)


14)平成30(2018)年7月 紹介「蘇州・寒山寺と浜松・舘山寺  ―張継「楓橋夜泊」の詩碑  」( 『Lingua』,愛知大学語学教育研究室、No.12) 

15)令和2年(2020)10月 紹介「海の向こうで古籍閲覧」( 『トンシュエ』,第60号)

16)令和3年(2021)3月 紹介「中国語の授業をオンラインで実施して」愛知大学豊橋語学教育研究室(『ランカフェだより』,オンライン特別号〈第31号〉)


(2)辞書等の編纂への参加  (共著)

1)昭和62年(1987)頼惟勤監修・説文会編『中国語音韻研究文献目録』, 汲古書院。その編纂に参加。

2)平成6年(1994)香坂順一・大東文化大学中国語大辞典編纂室編 『中国語大辞典』, 角川書店。その編纂に協力。



4.著 書(共著)
1)昭和59年(1984)3月31日 金丸邦三編(共著)『中国古典戯曲辞書総合索引』(東京外国語大学発行・昭和58年度大学教育方法等改善プロジェクト刊行資料)     

2)平成3年(1991)2月 説文会編(共著) 『加番説文解字』(お茶の水女子大学中国文学研究室内説文会発行)

3)平成6年(1994)8月8日 説文会編(共著『江沅説文解字音均表攷正』(お茶の水女子大学中国文学研究室内説文会発行)
 


   Copyright 2020-2021 Masako USUDA. All rights reserved.
Since 2005 / Last updated: 2021/4/2
HOME  Page Top

 


ホーム 論文リスト サイト・マップ

論文リスト   臼田真佐子