別所興一
(べっしょこういち)

1939年愛知県渥美郡田原町(田原市)生まれ
1962年名古屋大学文学部国史科卒業
成章・豊橋南・時習館など愛知県立高校教諭を経て、現在、愛知大学・人間環境大学非常勤講師、『愛知県史』調査執筆委員
▽主な著書など
『江戸期の開明思想』(杉田明平と共著、社会評論社)、『渡辺崋山集 全7巻』(共編著、日本図書センター) 論文「渡辺崋山の教育思想」(『日蘭学会会誌』28・29号)、「渡辺崋山のアジア認識と西洋認識」(片山一男編『日蘭交流史 その人・物・情報』思想閣出版)など
▽研究分野
渡辺崋山とその時代を中心に江戸後期〜明治前期の文化・思想史を、三河地域史研究会や東アジア実学研究会(会長 小川晴久東大名誉教授)の仲間たちとともに研究している。また、地理歴史教育法のテキスト・資料集の編集にもとり組んでいる