文字サイズ

コース紹介

ホーム > コース紹介 > 地域文化コース

地域文化コース

地域文化コース

地域文化の保全と観光の振興、異文化の共生の実現をめざします。

人々と自然環境との共生の中で長い時間をかけて構築された地域文化は、そこに住む人の誇りや情熱、アイデンティティを生み出す根源であり、近年は観光資源としても期待が集まっています。
この地域文化の振興を担う人材を育成するため、本コースでは人類学や民俗学における調査法を習得し、フィールドワークでの交渉力を養います。
また地域文化のグローバル化の問題についても、コミュニケーション能力と外国語の実践的能力をベースとした多文化共生の有り方の探究を行います。

科目ピックアップ

地域文化論

複雑な概念を持つ地域文化を多彩な視点から考察します。

地域とは、自然や歴史、行政、社会など、人々が長い時間をかけて作り出した概念です。このように複雑な背景を持つ地域文化を理解し、ふるさとというイメージが生み出される経緯、地域文化が形成される仕組み、行政と公共施設のあり方、住民の生活の意味など、地域文化について幅広く考察していきます。

フィールドワーク方法論

現場を調査する方法を身につけ、実際に各自がミニ調査を行います。

フィールドワークとは、現場で起きたことを見聞きし、記録しながら考えるという調査方法。研究に限らず、身近な問題を解決する上で有効な手法です。この授業では、オムニバス方式の講義によってフィールドワークに必要な技術を学び、その成果を生かして一人ひとりが実際にミニフィールドワークを行います。

地域の食文化

地産地消のビジネスを検証して、地域の食文化を考えます。

現代社会を考える上で重要なキーワードである「食文化」について、産業・栄養・共同飲食・日本型食文化といった視点から読み解きます。また三河を中心とする「地産地消」の食文化に関しても、名古屋めし、海山のタンパク、野菜、調味料などのキーワードを通して考察し、背景にある地域文化を明らかにします。

グリーン・ツーリズム論

三遠南信地区をフィールドに、新しい観光ビジネスを学びます。

近年、画一化されたリゾート開発ではなく、山間部での農林業体験や自然体験学習など、地域の個性を生かした観光に人気が集まっています。本学が位置する三遠南信地区も、飯田・下伊那郡が南信州グリーン・ツーリズム特区に指定されました。こうした新しい観光ビジネスを、中山間地域振興と結びつけて学びます。

履修モデル

地域を愛し、深く理解した上で地域文化に関わる仕事をしたい学生へ

「現代の地域問題」や「地域コミュニティ論」や「地域生活史」などの基幹科目で基礎を固め、展開科目として「地域文化系科目」を中心に履修します。

  1年次 2年次 3年次 4年次
第1セメスター 第2セメスター 第3セメスター 第4セメスター 第5セメスター 第6セメスター 第7セメスター 第8セメスター
共通教育科目 外国語分野 Reading TOEIC Practical
English Ⅰ
Practical
English Ⅱ
       
Communicative
English Ⅰ
Communicative
English Ⅱ
Advanced
Reading Ⅰ
Advanced
Reading Ⅱ
       
入門中国語 Ⅰ 入門中国語 Ⅱ            
基礎中国語 Ⅰ 基礎中国語 Ⅱ            
数理・
情報分野
自然分野
社会分野
人文分野
総合
社会データ分析入門 マルチメディア表現 心理学 芸術論 現代の思想      
科学技術史 自然環境と地理 言語と文化          
考古学 民俗学 古典の世界          
レクリエーション論              
体育分野   スポーツ・健康演習            
専門教育科目 演習科目群 学習法(通年) 学習法(通年) 研究法(通年) 研究法(通年) ゼミナールⅠ
(通年)
ゼミナールⅠ
(通年)
ゼミナールⅡ
(通年)
ゼミナールⅡ
(通年)
            卒業研究(通年) 卒業研究(通年)
基幹科目群 政策分野科目 地域政策入門 現代日本の政治 地域行政論 都市計画学 公共セクター論      
現代経済事情 経済原論 行政の諸領域と法   財政学      
地域関連科目   現代の地域問題   地域コミュニティ論 地域生活史 地域政策学特殊講義    
展開科目群     地域文化論pick up掲載科目 ツーリズム文化論 ツーリズム政策論 文化政策論 NPO論 グリーン・ツーリズム論pick up掲載科目
    中小企業論 フィールドワーク方法論pick up掲載科目 地域史料研究 英米の文化とツーリズム    
    地域産業論 地域の食文化pick up掲載科目 フィールドワーク 言語と地域    
      日本経済史 農業経済論 地域間交通史    
          多文化共生論    
隣接・
関連科目群
    博物館概論 ミュージアム展示論        

教員紹介

各科目を担当している教員については教員紹介をご覧ください。

めざす将来

  • 教員
  • 博物館学芸員
  • マスコミ関連企業
  • 観光業界企業など

地域の新たな公共サービスと新たな地域産業の実現を支えるため、地域の歴史の理解や文化の伝承と創造ができる教員や博物館学芸員、マスコミ関連企業や観光業界企業などでの活躍をめざします。また、どの業種・分野で就職するとしても、今後ますます地域の政策が重要になっていくため、地域文化を学んだ学生の活躍の場はさらに広がっていきます。

先生からのメッセージ

教授 阿部 聖

複雑にからみあう地域産業の問題を一緒に解決する方策を探りましょう。

地域の文化を学ぶには、歴史学や民俗学、比較文化学など、多彩な学問の基礎が必要です。地域文化コースでは、こうした多彩な学問的視点で自分が住む地域の文化を理解し、そこから日本文化の理解、日本の問題の理解へと視野を広げていきます。本コースでの学びを通して私がみなさんに身につけてほしいのは「人間力」です。地域文化を学ぶために、私たちはフィールドワークを何度も行います。フィールドワークを行うとき、他人を敬う心や社会人にふさわしい一般常識、つまり「人間力」が不可欠です。このコースでは、まず「人間力」を磨くことをめざしてください。それが、社会人としてみなさんが歩んでいく第一歩です。

学生からのメッセージ

ページ
トップ